2007年07月12日

世界初のログハウス実大震動実験と耐火認定

耐火認定

マイン・ハウゼでは住宅地(準防火地域※1)にも建築可能な60分・30分耐火実験を行い、
ログ外壁60分・30分耐火認定を取得しております。
(60分認定番号QF060BE-0256)(30分認定番号PC030BE-0456)

耐火認定書(下)
認定書耐火実験

※1 準防火地域では法律で定められた「延焼の恐れのある部分」(隣地境界や道路 中心線から平家3m、2階建て5m以内)に建物がかかる場合、ログ外壁をサイディングで被うなどの仕様にする必要がありました。


ログハウス実大震動実験の模様



震動実験の模様を動画でご覧頂けます。


2007年7月11日

土木研究所(茨城県つくば市)で、ログハウス協会による「ログハウス実大振動実験」が行われました。
ログハウスの実大震動試験は世界初!

実験は、1回目が中地震レベルの振動実験を行い、2回目には、阪神・淡路大震災並の巨大地震レベルの振動実験を行いました。

実験の結果は、変形角1/71rad、変位3.8mmを記録し、XY2方向の内、1方向については、ログ壁による減衰効果が確認できました。

実験後の外観の変化は、内外に長さ10~15cmの亀裂が2カ所ずつ入った程度でした。

3回目の実験では、巨大地震レベルの1.5倍の強さで実験を行いました。
加震中の建物の揺れは大きなものでしたが、終了後の外観変形は、建物の傾きが数mmと亀裂が数カ所というもので、現実に発生する可能性の非常に少ない巨大地震波でもログハウスの安全性が確認されました。

この実験のご指導をいただいた慶應義塾大学の坂本教授からは、「ログは元々地震に強いと思っていたが、そのとおりの結果が出た。」
また、武蔵工業大学の大橋教授からは、「ログは、想像以上に硬い構造であった。」と感想を述べられています。

世界で初めての「実大振動試験」

振動実験平成16年10月23日に発生したマグニチュード6.8、震度7の「新潟県中越地震」により、「10万棟」強の住家が一部損壊を含め被害を受けたと報告されています。

(財)日本住宅・木材技術センターの「室田 達郎」試験研究所長が率いる現地調査と、「ログ協会会員アンケート調査」によって、被害状況の調査が行われました。

アンケート調査によると、震度5強以上の地域に住宅、別荘など53棟が建築されており、その内45棟が全く被害なし、7棟が継続使用に支障の無い程度の軽微な被害、
残りの1棟は、地盤崩壊により傾いている。と回答されています。

現地状況調査では、調査棟数9棟の内、7棟が全く被害なし、残り2棟は、地盤崩壊により、全壊状態という結果でした。

ログハウスが地震に強いことはわかっていますが、「構造計算偽装事件」発生等により、データに基づく明確な安全性能が強く求められるようになっています。
しかしながら、科学的根拠をもった耐震性能を示すことができないために耐震性能等級が取得できず、ログの本当の良さが一般の方々に理解されていません。(ログハウス協会HPより)


ログが耐震性能に優れた建物であることを実証するために、世界で初めての「実大振動試験」が実施されたのです。